FC2ブログ
topimage

2019-11

アビちゃん ばいばい - 2009.07.31 Fri

アビちゃん出棺

7月31日の朝 
アビちゃんに最後のお別れをするアキちゃんと
お花が気になるみぃあ。




お骨

ちっちゃくなって一緒に帰宅したアビちゃんを
ゼブさん達と一緒の場所に。



アビちゃん

16歳2ヶ月と10日
あたしには短く思える年月。
アビちゃんとの思い出はたくさんある。
本当に可愛らしく愛おしかったアビちゃん。
16年間一緒に居てくれて マミー幸せだったよ。
本当にありがとうね。

アビちゃん また そっちで会おうね。
それまでそっちでみんなと待っててね。

アビちゃんが。。。。 - 2009.07.30 Thu

2009年7月29日午前3時30分 アビゲィル16歳 永眠  

1ヶ月位前から 食欲が落ちてきて
一度はもうダメかなと思える程衰弱してたけど
栄養剤でなんとか持ちこたえてくれたアビちゃんだったのに
ここ1週間 大好きなごはんも満足に食べなくなり
3日前からはお水とトイレ以外動かず寝てばかりの状況だった。

好んで居た場所には上がる事もできなくなり
ゼブさんやビニィちゃん そしてマテューが最後に居た場所
シューズボックスの下で横たわる様になってた。

そして29日夕方4時頃
アビちゃんが心もとない足取りで
掃除を済ませたばかりのトイレに入りおしっこを。
その後 ベランダの窓辺で横になるアビちゃん。

夜11時過ぎ
アビちゃんがよろよろと歩き始め
バスルームの前の床に移動。
これが最後に力を振り絞って歩いたアビちゃんの姿だった。

しばらくして
バスルームの前でうつ伏せになってたアビちゃんを
抱き上げると すでにおしっこが漏れてた。


午前2時 
腕の中で動かなくなってるアビちゃんが
呼ぶと尻尾でお返事してくれてる。

もういいよ。お疲れさま。ありがとうね。アビちゃん。
ゼブさんとビニィちゃんが待っててくれてるよ。

息づかいもなくなり心臓の音が聞こえなくなって
静かに本当に安らかに眠る様に逝ってしまいました。


アビちゃん


1993年3月19日産まれのアビちゃん。
埼玉のブリーダーさんちで初めて会った時 
ゼブさんの後に隠れてたっけ。

ゼブさんと親違いだと聞き ふたり一緒にあたしんちに。

生後2ヶ月で あたしの元に来た時には380gとちっちゃかった。
ミッ君とアキちゃんが産まれた時の体重が320gだったから
生後1週間の赤ちゃんと変わらないおっきさ。
ちっちゃくて 最初ごはんもちゃんと食べれなくて
なんとか食べてくれるよう試行錯誤な毎日だった事を思い出す。

半年後には ごはんの用意をするあたしの足にジャンプしてたっけ。
そして いつも 誰より先にキッチンに上がり 
 ごはん まだですかぁ?
って催促してたアビちゃん。
そのアビちゃんが催促しなくなり
そして 近づく死を受け入れ始めたのを知り 寂しく悲しかったけど
あたしもアビちゃんの死をちゃんと受け入れ始めてた。

静かにゆっくりとおだやかに死に向かってくアビちゃん。
毎日見てるのはつらかった。

なんとかしてあげたいと思った。
でも 過去を振り返ったらできなかった。
1日伸ばし1週間伸ばしたところで
苦しい思いと嫌な思いでストレスをかけただけだったんじゃ?
あたしの身勝手な悪あがきはよそう。
このまま 静かにアビちゃんを見守ろう。
そう考えたあたしでした。
悔いはありません。
16歳のアビちゃん大往生でしたもの。


いつもの斎場に昨日電話しました。
 30日は友引なので31日でどうですか?
との事で明日アビちゃんと一緒に最後のドライブです。

今 アビちゃんは ソファーにいます。
時々 なっちゃんやボスD他にゃんこ達が
アビちゃんを覗きに来てるけど にゃんこ達も理解できた様子。

痛まない様アイスノンを何回も替え
アビちゃんの体を撫でまくってます。
明日になったら もう撫でれなくなっちゃうから。
いっぱい いっぱい撫でていようと。


勝手ではございますが、コメント欄は閉じさせて頂きます。

ありがとね。 - 2008.03.04 Tue

ろっくする

3月4日朝9時 コニィちゃんとゼブさんの個別葬をして来ました。
ふたりが居なくなってしまったお部屋は淋しいです。





蝉さんの抜け殻

 寄り添いながら。。。。
今年も蝉さん達の抜け殻がありました。




山鳩さん


待ち時間に写したお写真です。

あたしの天使達 - 2007.11.01 Thu



ケィン君の死後 悲し過ぎて辛過ぎて もうここに書くのは止めようと思った。
でも その考えはやめにした。
先に逝ってしまったこの子達全員 生きてた時と同じ様に
皆平等にあたしの思いをメモリーとして
このブログに書き留めておこう。

ガンちゃんに続いてフーピィちゃん
ふたりの悲しみもおさまらないまま 今度はケィン君
そして3ヶ月後にはビニィちゃんが心筋症で突然に。。。。
あまりにも悲し過ぎて毎日泣いてしまってた。
そしてその涙が乾き始めようとした3ヶ月後 今度はラァニィちゃんが。

いつまでたっても薄れないあたしの悲しみ
また誰かが逝ってしまうのではないかという不安
死には順番なんかない 産まれた順番はとうに狂ってる

神様 もう少し時間を下さい!
このままではあたしの涙枯れてしまいます。
今いる子達全員来年も再来年もずーっと一緒に暮らせるようにして下さい。

悲しみだけがずっしりと胸をしめつける。

勝手ながら このカテゴリーへのコメント欄は閉じさせて頂きます。

グレちゃん 幸せでしたか? - 2007.08.27 Mon

グレちゃんb



グレちゃん

大好きだった 外にゃんのグレちゃん。
最後に見たのは2007年8月。
金木犀の木の下で踞ってたグレちゃんにいつもの様に
グレちゃん マミーお仕事行ってくるね~。
って 声をかけたのが最後だった。

その数日後 グレちゃんの毛があっちこっちに落ちていて
どうしたんだろ?誰と喧嘩したのかなぁ?
と呑気な事を思ってた。
グレちゃんの毛が散らばってたのはカラスの仕業だった。
と解ったのはグレちゃんの姿が全く見えなくなってしまった事に気付いた
随分過ぎてからの事。

あの日 グレちゃんの毛を見た時 なんで探さなかったんだろうと。
また何日かしたら戻って来てくれると思ってた あたし。

畑のどこかで横たわってしまってたんだろうグレちゃん。
探す事もしてあげれなかった事を悔やんだ。

グレちゃんが死んだとは思いたくなかった。

ずーっとずーっとグレちゃんの帰りを待ってたけど
グレちゃんがいなくなって もうすぐ2年になるね。
未だ グレちゃんの事を忘れられないでいるよ。

最後迄 懐かず触らせてもらえなかったグレちゃんだけど
みぃあとエリちゃんが脱走しちゃって泣きそうになりながら探してた時
 ここにいるよ。
って 教えてくれた グレちゃんの優しさを忘れない。
あの時は本当にありがとう!グレちゃん。

もう 会いましたか?マミーのにゃんこ達に。
グレちゃんの事だから そっちで仲良くしてくれてるのでしょうね。

グレちゃんは外にゃんだったけど マミーの子でしたよ。
今度そっちで会ったら グレちゃん 撫でさせてくださいね。
いっぱい抱っこさせてくださいね。

大好きだった グレちゃん またね。

2009年06月27日記す。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ぷろふぃ~る

Josh

Author:Josh


* ジョニー : ビーグル ♂
2002年5月5日(推定)生まれ。
当ブログ管理人Joshが勤務する会社の番犬&アイドル犬として6年間過ごし、2009年3月6日からJosh家の一員に。体重17kg台とちょとでかいビーグルだけど人間大好きとってもフレンドリーなイケメン(親ばかですが何か? 笑)

2017年4月27日 お星様になりました。



* なっちゃん : 三毛猫 ♀
2005年11月15日路上で保護。
なので2005年9月15日(推定)生まれ。先住猫達総勢22匹に猫っ可愛がりされ育ち、超甘えん坊なお姫様に。

* みぃあ : 白黒キジ虎猫 ♀
2006年5月27日自宅前で保護。
なので2006年4月22日(推定)生まれ。なっちゃん同様育てたつもりが人見知りが激しい癖に甘えん坊で、ちょい我がままな おひいさま。

* あやめ : 三毛猫 ♀
2016年6月23日ざんざん降りな雨の夜、仕事先の路上で保護。
生後20日前後だったので2016年6月1日(推定)生まれ。甘嚙みが激しいせいで、お姉ちゃん2にんには避けられてたため、可愛がってくれてる わんこのジョニーをお手本に育つ。オヤツ時にはジョニーの隣で一緒にオスワリする子に育ちました。


以上、Josh家は3匹になってしまいました。
みんな仲良くゆったりまったり暮らしてます♪

多忙につき、かなりなマイペース更新ですので、
お時間に余裕のある時にでも覗いてみてくださいませ。



2017年4月28日更新



思い出ブログ
てくてく・・・

いくつかな?

script*KT*

ランキングに参加中〜

こめんと

 

かてごりぃ

あ~かいぶ

りんく

ブログ内検索

しょっぴ〜んぐ

ペットの不妊手術宣言バナー

不妊手術の大切さ

☆捨て猫防止ポスター

一度見て頂けますか?!

はいけい、人間様

ネットマナーを読んでね♪